会社概要

社長挨拶

ニーズの多様化・高度化や技術革新がより一層高まる時代において、企業にとっては生産システムの変革が急務となっています。そのため、社会の多様な領域で、FAシステム各種の制御システム、メカトロ装置、パワーエレクトロニクス装置等の開発、設計、製造が進むなど、FA総合システムエンジニアリング時代がますます加速しています。そして、「パーツフィーダ」などFA周辺機器も、生産ラインにより効率よく取り組む高度なエンジニアリング技術が求められています。

大阪精工は昭和23年(1948年)の創業以来、技術と信頼をモットーに、豊富な経験と実績を積み重ね、エンジニアリング技術において高い評価をいただいております。これも独自の〝技術力〟と〝情報力〟、ユニークな発想と豊富なノウハウを生かした〝開発力〟で獲得した信用であると自負しております。今後も高度なエンジニアリング時代に応えるFA周辺機器の開発・創造を理念に、全社一丸となって、日夜、研鑽してまいります。何卒、一層のご指導・ご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。

代表取締役吉田政雄

  • 社是:
    信頼・協力・責任
  • スローガン:
    品質第一

経営理念

  1. 1.新しい情報と創造力で技術の向上と効率化に努め先進する。
  2. 2.信頼と友愛の精神を高め全従業員が力を集結し、事を処するに迅速、且つ積極的であること。
  3. 3.会社は余剰利益を適当な方法で全従業員に分配し、従業員の生活安定と仕事の観念向上を計る。

会社情報

  • 会社名
    大阪精工株式会社
  • 代表者
    吉田政雄
  • 本社所在地
    大阪府茨木市春日3-13-11
    Tel.(代)
  • 創業
    1948年5月1日(創業68年)
  • 資本金
    2,520万円
  • 従業員数
    56名(男子44名女子12名 平均年齢47.0才)
  • 事業所
    【自動化システム部】
    大阪府摂津市鳥飼本町4-15-7【MAP
    Tel.(代)
    【株式会社大阪精工油木工場】
    広島県神石郡油木町大字安田400-2【MAP
    Tel.

沿革

  • 1948年
    大阪市福島区に小径鋼球メーカとして創業
  • 1961年
    住友電工殿と取引開始
  • 1961年
    茨木市に本社工場移転
  • 1971年
    パーツフィーダ製造販売開始
  • 1974年
    広島県に油木工場操業
  • 1982年
    摂津市に摂津工場操業
  • 1984年
    人造ダイヤモンド加工開始
  • 1990年
    摂津工場を自動化システム部に拡充改組
  • 1997年
    新幹線ユニット部品生産開始
  • 2005年
    ISO14001認証取得
  • 2008年
    摂津工場を分離し4工場体制
  • 2011年
    新生産管理システムの導入